$10で始める世界的ビジネス登場!
.WSドメインがこれからの主流です
アメリカ商務省認可で、日本ではほとんど未知
参加するなら今しかありません

2008年01月24日

日経平均株価は本当に底を脱したのか?

Yahoo!ニュースより
<東証>3営業日ぶり大幅反発、終値は256円高

私のこのブログは別に日経平均株価を追いかける記事を書くためのものではないのですが、最近はこの話題を避けて通れない状況に陥っております。アシカラズ。

昨日の状況は、前日の大下げで安値感から大量の買いが入ったものでしょうが、午後は上がったのを狙って売りに転じた結果下がったようです。

結果として、前日の下げに比べてささやかな上昇に終わりました。

米国での利下げ政策が功を奏したとも言えるかも知れません。
今回は本格的に対応したこともあり、好感が持たれたのでしょう。
状況を見て月末には再び利下げがあるかも知れません。

以前からそうですが、少しぐらい上昇してもあまり喜べませんね。
18000円が一つの目標ですので、そこまでは水面下の動きとしか見えません。
18000円を回復するのはどれ位時間が掛かるのでしょうか?

今回の大幅な下落は、私のポートフォリオの含み益に甚大な被害をもたらしました。
但し、1つも確定売りはしていないので、含み損のまま、或いは含み益の大幅な減少のまま保持していくつもりです。

その中で、225IDXオープンのみをシステム購入でナンピン買いをしていきました。(他に定期購入の銘柄もありますが・・・)

投資信託銘柄では、3ヶ月前と比較して銘柄により7%から35%位の下落をしています。

円高もあり、現在半分位の銘柄で含み損を出しています。
株が下がれば、債券は上がると思っていましたが、今回は例外なく全てが下がってしまいました。
結果として分散していても、効果があまりなかったことになります。
更に不動産としてリートにも分散していましたが、今回の発端がサブプライム問題ということで、リート関連も大幅に下がりました。

最近の日経平均株価の動向は、やはり私の資産運用上目が離せません。
posted by piano at 00:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80298154

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。